終身雇用制度が崩壊し

時代の流れというのはどんなものにも存在していて、それは会社の在り方、社員の働き方にも影響を与えてくるものです。昔は一度就職したら、終身雇用制度によって定年までひとつの会社で勤めていく、そういったことが一般的なものでした。しかしながら時代の移り変わり、世の中のグローバル化によって年功序列ではなく能力主義となっていって、人によっては幾ら真面目に勤めてもなかなか昇進できない、そういうことも起こってしまうのです。

また、自分の可能性を試す人も増えてきて、新たな仕事によってキャリアアップを目指すために転職を行うことが増えてきています。これまではひとつの会社に長くいることが良いと考えられてきたのですが、さまざまな働き方、目的に沿ったものが求められるようになってきた現在においては、転職というのは自然なものとなってきているのです。自分自身のキャリアを伸ばすには、さまざまな仕事を体験した方が良く、そのために新たな職場に飛び込んでいくのは決して間違ったことではありません。

しかしながら、給料というのはやはり長く勤めて責任のある立場になれば上がっていくもので、キャリアアップのためとはいえあまりにも転職を繰り返すのは良くなく、しっかりと将来の展望を考えてそれに必要だと感じた時に行うべきです。ただ理想を求めて次々と渡り歩いていくのは意味がなく、しっかりとした考えを持って行っていくことが大切なものとなっていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です